016594   [ ホームページトップ ] [目次] [ワード検索]

で〜爺の 富士山View

夕焼け富士山(12/20)2010/03/25(Thu)

 
12月20日早朝の日の出の富士山から 田貫湖での富士山の夕焼けまで一日中

富士山の追っかけをしていました

その富士山の夕焼けを・・・

54_1.jpg  : 38 KB
田貫湖へ到着したのは4時少し前でした

いつもの所定の位置から写した富士山です

この時は4時3分です まだ赤くはなっていません
54_2.jpg  : 29 KB
これは4時15分です

赤くなる時間が迫っているのに 雲には動く気配がありません
54_3.jpg  : 32 KB
4時20分になりました 

少し赤味が出てきたかな? 首をひねりたくなります

風が穏やかなので 湖面に富士山の姿が映っています
54_4.jpg  : 30 KB
かなり赤味が出ているような感じがします(4時26分です) 

夕焼けの感じは朝日のときとは全く違うんです

これが赤いのかな? なんて悩んでいるうちに 日陰の部分が麓からどんどんあがってきます

このときも もう下半分は日陰になっています
54_5.jpg  : 33 KB 54_6.jpg  : 25 KB

4時27分(左)になりました

頂上付近に少しあった雲も いつの間にか消えています

(右)は4時28分です 逆さ富士がきれいに映っています

こんな状態では あれこれ言っている場合ではありません

ただひたすらシャッターを押し続けるのみです


2010/03/25(Thu)

55_1.jpg  : 70 KB
4時29分 はぐれ雲のような雲が富士山の雪面に影を

作っています

赤さも今日はこの位が限度じゃないでしょうか・・・
55_2.jpg  : 32 KB
4時30分になりました

少しアップで迫ってみました

頂上の雲が少し大きくなったでしょうか・・・

横の画像ばかりでは 退屈するので 縦画像として写してみました
55_3.jpg  : 59 KB
2分後の32分の画像です 赤くなりました

これくらい赤くなれば「赤富士」と言っても大丈夫だ〜 と自分に言い聞かせながら写していました

55_4.jpg  : 83 KB
麓の日陰の部分も かなり上まで昇って来ました

このときは4時33分でした
55_5.jpg  : 58 KB
4時34分
55_6.jpg  : 82 KB
4時35分


2010/03/25(Thu)

日陰が雪面の所まであがってきました そろそろ終りが近づいています

56_1.jpg  : 34 KB
4時36分

下の方に見える空も 夕焼け色になってきました

空に浮かぶ雲も 赤くなっています
56_2.jpg  : 28 KB
4時37分

足元がだんだん冷えてきました

きれいな富士山を見たり 写したりすることは 寒さ冷たさの

我慢比べのように思います
56_3.jpg  : 31 KB
4時38分
56_4.jpg  : 35 KB
4時39分
56_5.jpg  : 35 KB
4時40分

これを最後に 本日の打ち止めとしました

朝は 朝の赤富士を見て大興奮し 夕は 何とか“夕焼けの赤富士”を見ることができて

朝から夕方まで 完全に富士山漬けとなった一日でした

満足満足!!!



朝の富士山!2010/03/25(Thu)

 
3月8日の記事から 文字を大きくしてみましたが 如何でしょうか?

当分の間 この大きさで続けてみようと思っていますが・・・

12月20日
51_1.jpg  : 51 KB
朝6時34分の富士山です

まだ陽が当たっていません

一年で一番日の短い時期なので当然と言えば当然なの

ですが・・・
51_2.jpg  : 30 KB
空に少し赤味が出てきました

6時44分です もうすぐです

周囲が明るくなった分 富士山が暗く写ってしまいました
51_3.jpg  : 41 KB
左は6時45分の画像です

上の画像の1分後にはこんなに赤い部分が出てきました

今朝は これまでにない「紅富士」になることが期待できそうです

このときは わくわくしながらカメラを持っていました

こんな場面もペンションの部屋から丸見えなんです

寒い思いをしなくても お天気さえ良ければ写し放題なんです
51_4.jpg  : 37 KB
6時46分です

上の画像との差は 僅かですが画像に出てくる時間が 分単位

なので実際には 1分も違っていないのでしょうね
51_5.jpg  : 61 KB
6時48分です

赤い部分がかなり広くなりましたが

まだまだです
51_6.jpg  : 57 KB
心では「もっと赤くなれ〜」と叫んでいました

6時49分です

かなり赤くなってきました

もっともっととつぶやきながら見続けていました
51_7.jpg  : 68 KB
赤い富士山になってきました

6時50分の画像です(特大になります)

そろそろピークかな〜

前回より赤くなっているように感じました


2010/03/25(Thu)

52_1.jpg  : 71 KB
6時51分
52_2.jpg  : 76 KB
6時52分
52_3.jpg  : 73 KB
6時53分
52_4.jpg  : 78 KB
6時54分
52_5.jpg  : 78 KB
6時55分
52_6.jpg  : 75 KB
6時56分


2010/03/25(Thu)

この時間になると赤味もだんだんと薄れてきました

53_1.jpg  : 75 KB
7時の富士山です
 
あとは陽が昇るにつれて 雪の色がはっきりとして

いつもの富士山らしくなっていきました
53_2.jpg  : 84 KB
7時8分です

空もかなり明るくなってきました
53_3.jpg  : 87 KB
7時18分です

もう赤味は全くと言っていいほど感じられません

朝の空気の澄んだときの凛とした姿になっていました

6時45分からの「赤富士ショー」は 7時には終わってしまいました

短い時間でしたが わくわくしながら楽しむことができました

その後も この日は良く晴れてきれいな富士山が見えていました
53_4.jpg  : 104 KB
山中湖村の富士山ビューポイントの一つである

パノラマ台から見た富士山です

この時間は10時54分でした

まだ雲と云えるような雲は見られません
53_5.jpg  : 106 KB
11時23分です

富士山ビューポイントの一つである 湖畔の平野の浜へ

降りてきました
 
30分ばかりの間に 白い雲が出てきました

このあと これまで行ったことのない自衛隊の演習地内に入りました
53_6.jpg  : 102 KB
全く違った富士山の姿に大感激です

手前の窪みは 富士火山群の噴火口の一つのようです

(富士山のまわりには噴火口の跡がたくさんあるそうです)
53_7.jpg  : 102 KB
これまで見たこともない方向からの富士山!

新鮮な感じさえします

頂上の形も初めて見る形です

これからの富士山撮影でのマイポイントが一つ増えることになりました

この日は このあと夕焼けの定番である 田貫湖へ・・・

なのですが これはまた次回に・・・



赤い富士山?2010/03/10(Wed)

 
12月19日
50_1.jpg  : 68 KB
名古屋へ行った帰り道に 富士山が正面に見える「富士川楽座」

(富士川SA)へ立ち寄りました

富士山は生憎 顔を隠しています

このとき 14:55  田貫湖へは間に合うかな?

エイヤッ! 一か八か行ってみなくちゃ わからんだろう〜!

てなわけで 富士ICへ行くよりも ここから出た(スマートIC)方が早いのでは?

早速一般道に出て行くことに・・・ しばらくして気がついたんですが信号がやたら多いのです

(「急がば回れ」が正論だと 判りました)

それに西富士道路(有料)と それに続く富士宮道路(無料)を真っ直ぐに行くのだから素直に富士IC

から行くのが正解でした

(あわてている証拠に このときは頭の中に いつもある地図が消えていました)
50_2.jpg  : 102 KB
約1時間で着いて ホッとする間もなく何となく色づきが

始まってるように思えて のんびりしている暇がありません

この日のお天気は晴なんですが 富士山頂付近には次々と雲が現われてジャマをしています 

が それも時間が解決してくれるかもと思いながら・・・
50_3.jpg  : 41 KB
16:16 の富士山です

さっきよりか色づきは感じられません

さっきは 赤富士ばかりをイメージしていたので

そう見えたのでしょう?
50_4.jpg  : 34 KB
16:27 の富士山です

こんなに赤くなってきましたが やはり雲がジャマをしています

残念ですが これ以上を望むのは この状況では ムリのようです
50_5.jpg  : 48 KB
16:30 です

雲が笠のように被さっていて取れる気配がありません
50_6.jpg  : 52 KB
別々に分けてズームアップして写してみました

上と合わせて一枚の絵になります
50_7.jpg  : 52 KB
16:32 です

陽の当たっている部分が少なくなってきました

最後までねばってみましたが この日はこのまま暗くなって

いきました

前にも書きましたが 地上のお天気と山頂のお天気は違うようです

これが初めてのことではないので 最近ではあきらめることも覚えました

ではまた〜



見えるか? ダイヤ富士!2010/03/08(Mon)

 
12月7日
48_1.jpg  : 72 KB
朝6時過ぎから 富士山に釘付けです これは6時40分の

ようすです あこがれだった「紅富士」が目の前に見えています

しかし この光景も長くは続きません 6時50分には赤味も

薄くなっていつもの富士山に戻り始めていました
48_2.jpg  : 26 KB
少し高いところから 見てみました (7時10分写)

朝の冷気が感じられる 凛とした富士山の姿!
48_3.jpg  : 54 KB
湖岸まで降りて 平野の浜まで行くと東(左)側から雲が

流れて来ました 分刻みで 雲の形や量が変わります

これは 上の画像の30分後です(7時40分写)

弱い風が吹いていましたが 湖面の波も緩やかで 「逆さ富士」

が写せました

前日の失敗に懲りて この日は山中湖村から離れずにあちらこちらへ・・・

48_4.jpg  : 39 KB 48_5.jpg  : 46 KB

富士山頂をズームアップしてみました 左側は なだらかで優しい感じの山容ですが 右半分は

“大沢崩れ”?と呼ばれる 大きく崩落した部分があります この左の尾根のようなところに夏の登山道が

うっすらと見えます(30年位前に私もここを登った一人でした)

下山には 事故により今は通行禁止となっている“大沢崩れ”を真っ直ぐに6合目まで2時間ちょっとの

時間で降りた記憶があります(そのお陰で靴がボロボロになりました)

48_6.jpg  : 57 KB
こちらは きらら浜からの富士山です

富士山に発生する雲は 画面の左(箱根側)から湧き出して

いるように感じました

この雲は お天気に関係なく発生します

お天気の変化により発生する雲は 画面右(西側)からやってきます

富士山の山域では こちら側とは違った気象の変化があるようです

富士山を写しに行くときは 天気予報で決めていますが いくら予報が「晴れ」でも 富士山が晴れている

という保証はありません


2010/03/08(Mon)

昨日のあの引上げてくる人たちを見て 場所取りを早めにしなくてはと午後1時過ぎには 花の都公園へ

行き 一応場所は確保したんですが 昨日とは 様子が違います 一向に人が集まってこないのです

不思議に思っていました 2時半頃になって ぼちぼち人がやってきますが昨日とは全然比較できない

ほどの人数です この頃になって やっとその謎が解けました この日が“月曜日”だったことを

すっかり忘れていたんです

49_1.jpg  : 27 KB
これは14時48分の画像です この場所に 一番に到着したの

ですが 昨日は間に合わなかったので どの場所が良いか様子が

全くわかりません だいたいの見当で 三脚を立てました

(このときの気持ちは「一番でも困る場合があるんだ」でした)

太陽と富士山頂の位置関係が よく判らないんです

右下がりに沈んでいくのは 前回経験済みなんですが 果たしてこの場所で太陽と山頂が合致するの?

不安な気持ちでも待つしかありません

49_2.jpg  : 37 KB
いま15時1分です この様子だと 山頂にぴったりとなりそうです

自然にこみ上げてくる なんと云ったら良いのか “やったぜ〜!”と

言ったような気分が湧き上がってきています

これまで撮りたくても撮れなかった「ダイヤモンド富士」!!!
49_3.jpg  : 20 KB こんな気分に浸ったまま その時に向けてただひたすらシャッター

を押すだけ! ドキドキ気分のまま 15時16分になりました

ドンぴしゃ!で この時を迎えました 大げさですが 人生での

初体験です このあと 日没最後の瞬間が山頂から外れないよう

祈りながらシャッターを押し続けました
49_4.jpg  : 31 KB
なんとか山頂から外れないまま 日没となりました

このとき15時23分 記念すべき時間です青い空に

キラッと輝くダイヤモンドの完成です

ほんと このときの気持ちは いろいろと複雑で ここに書き表すことは難しいです

日没後は昨日と同じように しばらくの間 山頂付近を輝かせていました

この日ほど 幸せな気分で帰途につくことができたのは 久し振りのことでした
 



遅れ遅れですが・・・2010/03/05(Fri)

 
前回のアップが 2月11日 今日でまるまる3週間のブランクになりました

色々なことが一息つけたので これから少しずつ挽回していきますので 今後もよろしく!

前回 紹介できなかった 昨年12月の撮影から・・・

47_1.jpg  : 34 KB
12月6日

東名高速を走るときの定番となっている駒門PAからの

富士山です

東名高速を下るとき 最初に富士山が見えるのは 秦野中井ICを過ぎてまもなく車の正面に大きく

富士山が見えます 運転しているので 見るだけです 運転してなかったら 即撮影してるでしょう

大井松田ICのところでも 正面に大きく現われます このあと 足柄SA近くまで見えたり隠れたりします

富士山大好き人間の私には 非常につらい区間なのです
47_2.jpg  : 47 KB
御殿場ICからは 車窓右側にズ〜ッと見えていますが

車は止められません それを許されるのが

御殿場IC・裾野ICの中間にある駒門PAなのです

だから ここまで止まらずに一気に走ります

この日は 麓に少し雲がありましたが 宝永火口はこの通り はっきりと・・・

この日は時間が早かったので 富士ICで高速を降りると
47_3.jpg  : 52 KB
新幹線富士川鉄橋からの富士山を写せる場所を探しました

しかし河川敷で波消しブロックを作っている施設が写って

しまい良くありません

左は下をカットした結果ですが川の感じが全くありません

もっと 川の流れが写るところまで 河川敷の先の方まで歩いて行かなくっちゃ!
47_4.jpg  : 52 KB
その近くで こんな光景に出会いました

富士山の姿をバックに 野球の練習ですよ〜

うらやましい環境です

その向こうには 新幹線から見える水道管橋があります

そろそろいつもの新幹線と富士山の撮影場所へ行かなくっちゃ〜

撮影現場到着と同時に カメラの設定も見ずに 上りの500系新幹線を写しまくり!

その結果を見て びっくり! 写っているのは みな露出オーバーで 白っぽい画像ばかりです  

今では1日に1往復しかない 500系「のぞみ」を失敗するなんて もったいない!47_5.jpg  : 85 KB

設定を変えて 下りの500系「のぞみ」をなんとか写すことが

できました(13:17通過)

今回は 新幹線の速さを表現しようとシャッター速度を1/60に

して写してみました

新幹線のスピード感が感じられる画像になったでしょうか?

この写真を写したあと 隣で写していた男性と話しているときに その彼の口から思いがけない言葉が

飛び出しました 「今日は 花の都公園から“ダイヤモンド富士”が見えるそうですよ!」

こんな話を聞いては ジッとしているわけには・・・ お礼の言葉も早々に 山中湖へ向けて走り出して

いました この時期の日没時間は 大体4時半頃ですよね! だから4時までに着けば・・・

2時チョット前です 急げば間に合うだろう とひたすら走り続けました(約65km)

山中湖へ着く直前になって あたりに日が当たっていないことに気が付きました 曇ってもいません
47_6.jpg  : 21 KB
花の都公園からは人々が三脚やカメラを持って帰ってきています

時間はまだ3時半です しかし ダイヤモンド時間は終わったあと

でした 理由は 富士山が高いので北側の麓では 日没時間が

早くなるのです

聞けば日没は 15:15ごろだそうです 取りあえず 証拠写真だけでもと写しました(15:32)

写したあと 後ろを振り返ると山の方には まだ陽が当たっていました
47_7.jpg  : 2 KB 47_8.jpg  : 17 KB

二十曲峠へ急ぎましたが ここでも結果は同じでした 到着する直前に終わったそうでした

きれいな“ダイヤモンド富士”の写真を見せられて うらやましいやら くやしいやら・・・

二十曲峠からの証拠写真は 15:51と15:52 でした
47_9.jpg  : 39 KB
折角来たのだからと 夕焼け空になるまで待つことにしました

(左は 17:01写です)

この日はここまでで 終わりました

長くなったので 続きは また後日に!



[直接移動] [先頭] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -
- resize.pl -
- Tomo_20090110-tomo : Edit by tomokun -